土地売却の際に注意するポイント

土地の売却には多大な金額が動きます。また、手間や時間もかかるため、土地売却は手放す方の大きな負担となります。しかし、手間や時間を省いて適当な売却をしてしまうと、買い手が見つからなかったり、安価な値段で売却されてしまうこともあります。それを防ぐために、売却前に注意点を知っておくことで、これらの事態を防ぐことができます。

査定価格は実際の売却価格ではない

土地売却の際に念頭に置いておきたいのが、査定価格と実際の売却価格は必ずしもイコールではない、ということです。売却前には不動産が査定を行い、売却価格を提示します。しかし、これはあくまでおおそよその売却価格であり、不動産側が提示する金額はあくまで目安ということになります。実際に売却をしたら査定価格より少なかった、というケースは珍しくありません。この値段で必ず売れるというものではないので、あくまで査定価格はおおよその金額という考えにとどめておきましょう。不動産会社の中には、あえて多目の査定価格を提示し、顧客を抱き込もうという業者もいます。このような業者に引っかかり売却をしてしまうと、査定価格と実際の売却価格に大きな開きが出てしまいます。そういった事態を防ぐために、査定時には複数の不動産を利用し、おおよその相場を知っておく必要があります。1社ずつ実際に訪れる時間がないという方は、査定一括サイトを利用すると便利です。情報を入力することで複数の業者に一気に査定を依頼することができます。

測量をしなければ売れないケースもある

土地売却の場合、物権とは異なり手間は少なくそのまま売れるというイメージがありますが、中には測量をしなければ売却ができないケースもあります。それは、土地の境界が不明瞭な場合と、登記簿上の土地の面積と現在の土地の面積が異なる場合です。土地の境界が不明瞭な場合、隣接する土地の管理者と揉め事になるケースがあります。これを防ぐために測量をし、しっかりと線引きをする必要が出てきます。自然が多い広大な土地の場合はこのケースが多くなります。登記簿上の土地の面積と現在の土地の面積が異なる場合は、現在の土地が広くても狭くても問題になります。土地の売却は登記簿上の土地の面積を基準とするため、実際の土地が広い場合は売り手側が安く売却することとなり、狭い場合は買い手が高い価格で購入することとなります。どちらにせよ、売却後にトラブルに繋がる恐れがあるので、売却前に測量をしておく必要があります。

担当者によっては売却が不利になる場合も

土地売却は長い期間と大きな金額が必要となるもので、売り手側と不動産の担当者の間にある程度の信頼関係が必要となります。担当者がやる気のある方で、積極的な営業をしてくれれば売却はスムーズに進みますが、そうでない場合は売り遅れてしまうこともあります。また、土地の価値は時代や周りの環境変化により大きく左右されます。一番良い時期に売りに出すことは、売却する側にとって重要なことです。良い担当者を見極めることも、土地の売却を有利に進める上で必要になります。さらに、担当者の経験値や正しい知識の有無も重要となります。こちら側の疑問に対し、経験や知識に乗っ取った正しい知識で応えてくれる方が担当者であれば、納得のいく売却ができるでしょう。土地売却には良い担当者に巡り合うための努力も必要になってきます。

売却には費用がかかる

土地売却はただ売るだけではなく、売るために必要な費用が出てきます。一番費用がかかるのが仲介手数料です。不動産会社は土地の売却を仲介手数料を設けることで利益としています。仲介手数料の上限は法律により定められおり、適正価格内で仲介手数料を支払う必要があります。ただし、売買契約が成立しない場合は手数料を払う必要はありませんし、原則的に不動産会社に支払う金額は仲介手数料以外ありません。売り手側が高額な広告を依頼するなど、承諾がある営業行為は別に支払う必要があります。その他にかかる費用として、税金、登録免許税、印紙税、譲渡所得税などがかかります。土地の売却の際は費用がかかることを念頭に置き、ある程度の金額を事前に用意しておくようにしましょう。また、土地の場合、先述にも記載してある通り測量をする必要があります。測量には数十万円かかりますが、測量をしないで土地の売却をすると高確率で後々のトラブルに繋がります。

事前に知っておくことで売却時のトラブルを避ける

土地売却には大きな金額が動きます。このため関わってくる人も多く、時間も手間も大きくなってきます。売却側にとっては大きな負担となりますが、面倒だから、時間がないからといって適当な売却をしてはなりません。ただ売りに出す、という考えでは、後々のトラブルに発展する恐れがあり、トラブルによっては売却時より時間や手間がかかるケースも出てきます。また、正しい知識を知らずに土地の売却をすると、売り手側が不利益をこうむる恐れもあるのです。土地は、物件とは異なりそのまま売りに出せる、というものではありません。事前の準備と正しい手順を踏み、時間と費用を惜しまず、しっかりとした売却を行うことで、後々のトラブルを防ぐことができ、売り手側も買い手側も納得のできる取引をすることができます。

Posted by gradmin