住宅ローンで必要な確定申告

住宅ローンの控除を受けるには、自分で申請を行う必要があります。住宅ローン減税では収めている税金から、適用される減税分が返金されるシステムが利用されています。そのため、自分で確定申告を行なって、一度おさめた税金を返してもらう必要があるのです。


税務署でもらってくる書類

まず、税務署でもらってくる書類があります。それが確定申告書、住宅借入等特別控除額の計算明細書の2種類です。自分で取りに行く他、郵送を頼むこともできます。また住民票や年末残高証明書、住宅購入契約書や土地売買の契約書などの写しが必要になる場合もあります。中古の場合やマンションの場合、一戸建てなどで必要な書類は違いますので、この点だけしっかり確認するようにしましょう。


確定申告書に自分で記入を

貰ってくる書類が揃ったら、契約書や登記などを見ながら、必要事項を入力するだけです。源泉徴収票などを裏に貼り付けなくてはいけない場合もありますので、できる限り、書き始めたその日に書き終わらせて、税務署へ届け出ることをおすすめします。書類記入のために利用する契約書なども非常に大切なものですから、書類をなくさないようにしましょう。また今はインターネットを利用して、確定申告を行う事もできます。

This entry was posted on 2013年11月25日 at 5:20 PM and is filed under 住宅ローン. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.