住宅ローンの借り換えで注目したいこと

2013年12月18日

住宅ローン減税や住宅ローンの金利が下がっていることから、借り換えを考える人が増えているそうです。借り換えを行うときに注目しておきたいことはなんなのでしょうか?せっかく借り換えを行ったのに損をしてしまわないよう、あらかじめチェックしておきたいことをご紹介します。


保証料金がかからない借り換えを

保証料金は、金利に0.2パーセント程度と言われています。利息の数字とすると大きくないように見えますが、住宅ローンでは何千万円の単位のお金がかかるものです。1000万円を借り換えたとしても、かかってくる保証料を0.2パーセントで計算すると20万円ものお金になります。借り換えを行うときには保証料のかからないローンを選びましょう。また団体信用保険料という保険料にも注意しましょう。低い固定金利で借りることのできる住宅ローンの場合、別途でこの料金を支払わなくてはいけないケースもあります。


付帯サービスと繰り上げ返済手数料

繰り上げ返済を行うことで、返済にかかる負担を後々、減らすことができます。そのため、繰り上げ返済でかかる手数料のかかるローンに借り換えてしまうと、繰り上げ返済を行うたびに余計なお金を支払うこととなってしまいます。繰り上げ返済の手数料がかからないものを選ぶことで無駄な出費を防ぐことができます。また提携している銀行ATMなどの手数料が無料になるなど、借り換えを利用することでお得になるものもあります。付帯サービスもしっかりチェックしましょう。

住宅ローン比較くらベル(http://www.housingloan.biz/)
住宅ローンの組める会社の比較サイトです。口コミやランキングなどが多数あり、住宅ローンを比較したい方にはメリットいっぱい。