住宅ローンの種類

住宅を現金一括で購入できるひとはほとんどいません。
金融機関の住宅ローンを利用し、大きな借金をして住宅を購入する家庭が一般的です。
様々なタイプがあり、金融機関によってキャンペーンが展開されているものもあります。


<金利変動型の住宅ローン>

金利変動型は、適用金利の見直しによって支払額に差が生じる場合があります。
金利が低い時はお得に感じるかもしれませんが、金利の見直しによって金利が上がり、総支払額が上がってしまうこともあります。
金利変動型の住宅ローンを選ぶ場合は、収入に余裕がある、頭金を払った後でも充分な貯蓄がある、繰り上げ返済が可能であるなど、お金に余裕がある家庭であれば結果的にお得に支払いを済ませることができる場合もあります。


<金利固定型の住宅ローン>

変動型と違い、適用金利の見直しなどはありませんが、安定した支払いの計画を立てやすいのが金利固定型です。
住宅ローンの支払いは数十年に渡り続いていくものなので、計画が立てやすいというのは大きなメリットと言えます。

どちらが悪いというわけではなく、それぞれにメリットとデメリットが存在します。
自分の家庭に無理のない支払い方法はどれかをきちんと選んで後悔がないようにしましょう。