住宅ローンはシミュレーションで試算することが大事

わずかな金利の差が大きな違いを生む住宅ローンは、まずシミュレーションをして、どの金融機関が一番安くあがるのか、また、確実に返済することができるのかを試算することが大切です。
最近は、インターネット上で住宅ローンのシミュレーションができるページも増えていますし、金融機関で仮審査を受けることもできます。夢のマイホームを手に入れるためには、まずはトライです。


<シミュレーションで大切なこと>

シミュレーションをするさい、大切なことは収支のバランスをきちんと把握することです。年収をそのまま全て住宅ローンの返済に使うことはできません。生活費、貯金、税金、教育費、老後の蓄えなど、生活するうえで必要なお金は思いのほかあるものです。また、必要な金額自体も、家族構成や年齢の違いで変わってきますし、ライフスタイルにもよってもお金をかける比重が違ってきます。さらに固定金利にするのか変動金利にするのかでも総返済額が違ってきます。
毎日の生活に必要な経費をしっかり把握し、シミュレーションで自分が組める金額、イコール返せる金額を試算しましょう。


<銀行の仮審査に申し込んでみる>

住宅ローンを申し込んでも審査に通るかどうか、事前に判断をしてもらうのが仮審査です。この場合、大切なことは1つの銀行だけではなく複数の銀行に申し込みをすることです。住宅ローンは銀行によって扱う商品が異なります。結果、ローンを組む金額も違ってきます。比較、検討をし、最も有利なところを選びましょう。