住宅ローンは申し込み時の年齢も大事

住宅ローンを組むには、申し込み時の年齢もかなり大事な要件みたいです。安定した収入も大事なのですが、日本では定年が決まっているので年齢による考慮もかなり大事になってくるようです。


<申し込み年齢は若ければ若いほど有利>

基本的にはどこの金融機関も借入時は20歳以上70歳未満が条件となっています。そして返済が完遂予定年齢としては80歳未満を想定している金融機関が多いようです。だからといって、60歳から借りることが可能かと言うとそうでもありません。60歳ともなると定年も近くなり本人に安定した収入が望めなくなります。一応70歳以下と言う制限はありますが、若ければ若いほど完遂する年齢も若くなりますし有利なのです。


<住宅ローンは自分との年齢と相談しながら計画的に>

若ければ若いほど、住宅ローンを借りるには有利なわけですから、早めに自分のライフプランを考えておく方が有利ではあるでしょう。将来的にはマイホームで固めるのかそれとも賃貸で済ますのかそうそうに決めるべきでしょう。でないと、5,60歳になってから借りるというのも結構厳しいです。住宅ローンは年齢による審査も大事ですので、早めに決めるようにしましょう。

This entry was posted on 2014年8月27日 at 5:08 PM and is filed under 住宅ローン. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.