住宅ローンを借りるには

住宅ローンは言ってしまえば家を購入する為に融資を受ける制度である為、利用にはクレジットカードやカードローンと同様に審査が設けられています。またある程度の審査基準は明らかにされているものの期間や取り扱い会社によって条件は微妙に異なり詳細が公にされていないのも同様です。


住宅ローンの利用条件

あくまで一般論ではありますが住宅ローンの審査は他のローンと同様に利用者の希望利用額や年齢、収入や勤続年数などをもとに行なわれます。加えて住宅ローンの審査ではしばしば生命保険の加入やいわゆる「頭金」と呼ばれる初期費用の支払いが条件になっている事も多いようです。また通常住宅ローンでは連帯保証人として保証会社を立てる事が多い(別途保証料が必要になる)他、特に銀行などを申し込みで介する場合は過去のクレジット支払い滞納や不払いといった金銭トラブルが原因で審査に通過できない事もあります。


利用可能額について

また住宅ローンも通常ローンの限度額と同様に借りられる額の上限がしばしば決まっています。限度額は商品によって少しずつ異なりますが相場は凡そ年収の6倍前後だと言われています。この相場を大幅に上回る額を希望した場合などにもしばしば審査に落ちてしまうケースがあります。