住宅ローンを選ぶ前に確認しておきたいこと

現在、土地の値段の下落や住宅ローン減税などが多く挙げられ、サポート体制が非常に整っていることから、今が住宅を買うタイミングに最適という経済学者もいるそうです。契約する前に、キチンと知っておきたいことをご紹介します。


金利や消費税の適用される時期

多くの住宅ローンでは契約時ではなく、ローンが実際に開始されるときの数字が適用されるケースが多くあります。来年2014年4月に消費税増税が決定しました。この消費税も住宅ローンには大きく関係してきます。手数料や資産税などの計算、保険料も5パーセントから8パーセントに変わるからです。ローンを申し込むときには、じっさいに借り入れが開始するときに消費税はどうなるのか、金利はどうなるのかを考えて、大目に見積もることをお勧めします。特に現在は金利が最低と考えられていることから、ここから金利が上がる可能性が高いと考えられているからだそうです。


住宅ローンは3タイプに分類

住宅ローンを分類すると、大きく分類して3種類に分けることができます。まず完全固定金利型です。これは契約をしたときの金利は支払いが終わるまで適用されます。金利が非常に下がっているときにこの契約を行うと金利を安く抑えることができる可能性がありますが、高いと高いままの金利を支払うリスクがあります。次に変動金利型です。これは契約で決まっている時期ごとに金利を見直して契約を更新していくものです。金利がこれから下がる場合は、さらに負担が減る可能性もありますが、金利が上がってしまうことで、利息の負担が増えるリスクがあります。最後が固定期間選択型です。これは一定期間だけ固定金利で支払います。