住宅ローン減税と給付金

住宅ローンは金利が過去で最も低くなったと言われており、地価の下落もともなって、現在が買い時だと考える人も多いと言われています。消費税が来年の4月に8パーセントに増税されますが、この増税を受け、減税の限度額が2000万円から4000万円に引き上げられることとなりました。


住宅ローン減税で最大40万円が返ってくる

住宅ローン減税では購入した住宅の残高1パーセントが返ってくるとされています。2014年3月までは2000万円までの住宅ローンの減税案でしたが、消費税の増税により、2014年4月より4000万円までの住宅に適用されます。年末の住宅ローン残高で返ってくる税金が決まるので、繰り上げ返済などを考えている場合、12月の減税の手続きを終えてから返済を行ったほうが得になる場合があるそうです。年末に確定申告を行い、納税した所得税、住民税から返金されるので、自分がおさめた税金以上の返金はありません。


低所得世帯向けの給付金制度も

住宅ローンでは、約510万円以下の年収の家庭には所得に応じて、最大で30万円の給付金措置を取ると発表しています。消費税が10パーセントまで増税された場合には、約775万円以下の家庭もこの給付金を受けることができる可能性があるそうです。年収や物件の価格、給付金、税金のバランスによって増税後の購入のほうが得になるケースもあるそうです。