2014年1月24日

返済額のシミュレーションが欠かせない住宅ローン

最近は効率的に試算出来るシミュレーションソフトが開発されているので、購入価格、手付金、金利、税金・手数料などの諸経費を詳細にに詰めて、徹底的にシミュレーションを行い自分に合った最適条件は何かを、探り出して住宅ローンを組むことをお勧めします。そのためには、出来る限り多くの金融機関からの金利、手数料あるいは返済条件などに関する住宅ローンの詳しい情報を入手する事が必須になります。これらの情報の精度が高ければ高いほど、実態に即した試算が可能になります。


<試算のポイント>

購入したい物件の設計計画、購入価格、金利、諸経費、手付金、返済期間は必須であり、その他として返済条件の変更についてのフレキシビリティがあるか、金利の将来動向、保険の付与等の付帯条件などが重要な要素としてあげられます。これらの要素が具体的に把握できれば、後はシミュレーションソフトに入力し返済計画に関する試算および、各金融機関の付帯条件等を加味した対比表を作成し、最も評価の高い住宅ローン先を決定する。


<生活との均衡がとれた住宅ローン>

いくら住宅購入でワンランク上の生活を目指しても、住宅ローンで生活が窮する様な事になっては何をしているのか分かりません。生活とのバランスを考えたローンを組む、そのために色々な要素を組み込んだ試算を行い、安定した生活を維持するレベルを割り出す事で安心生活設計が可能になります。